Top / Functions
HTML convert time: 0.040 sec.

Functions

Last-modified: 2017-06-26 (月) 21:12:51

Functions / 関数
 ※端末やOSバージョンによっては正常に取得できないものがある
 基本的には"$関数名(タイプ)$"、もしくは"$関数名(タイプ, [オプション])$"で記述

ai : Astronomical info

bi : Battery info / バッテリー情報

タイプ内容
levelバッテリー残量0~100%
tempバッテリー温度℃/℉
tempcバッテリー温度(セ氏)小数点第1位まで
voltバッテリー電圧mV
source現在の電源の種類Battery、AC、USB、Wireless
currentバッテリー残量mA
charging充電中か否か放電中なら0、充電中なら1
plugged
fullempty
tempu

bp : Bitmap Palette extracts colors from images

br : Broadcast Receiver / 他アプリとの連携

$br(tasker, FOOBAR)$ (Taskerから送られた変数FOOBARを受け取る)
$br(zooper, FOOBAR)$ (Zooperから送られた変数FOOBARを受け取る)

ce : Color Editor to manipulates ARGB color values

ci : Calendar events

cm : Color Maker, generate colors from ARGB/AHSV values

df : Format a Date into text

dp : Creates a date from text

fd : Fitness Data

gv : Global Variables / グローバル変数

 $gv(グローバル変数名)$で記述。また、gv(グローバル変数名, [オプション])とすることで
 指定した変数が見つからなかった場合、[オプション]が出力される

if : If conditions / 条件判定

 基本は$if (A)(条件)(B), C, D)$で記述。
 AがBの条件ならCが、違うならDが出力される。
 A1|A2とすればOR、A1&A2でANDの指定。
 条件には=、>、<、>=、<=、!=が使用可能。
 

li : Location info / 位置、GPSの情報

タイプ内容
loc区、市
country国名
ccode国名コードアルファベット2文字のコード
addr住所、町村
admin都道府県
postal郵便番号
lon経度小数点以下3桁まで
lat緯度
lplat経度小数点以下4桁まで
lplon緯度
spd速度km/hまたはmph
spdm速度(メートル単位)
spdu速度の単位km/h、mph
alt標高メートル、フィート
altm標高(メートル単位)

mi : Music Info / 音楽情報

タイプ内容
albumアルバム名
Artistアーティスト名
titleタイトル
len曲の長さ単位は秒。mm:ssで表示したい場合はtf関数を使用する。例 [$tf(mi(len), mm:ss)$]
pos曲の再生位置
volメディアボリューム0~100
coverカバーアート
package音楽再生アプリのパッケージ名
state再生アプリの状態STOPPED, PAUSED, PLAYING, FORWARDING, REWINDING, SKIPPING_FORWARDS, SKIPPING_BACKWARDS, BUFFERING, ERROR, NONE

mu : Math Utilities

nc : Network Connectivity / ネットワーク、通信状態

タイプ内容
airplane端末の機内モードの状態Onなら1、Offなら0
bt端末のBluetooth機能の状態Onなら1、Offなら0
cell端末の通信状態OFF, AIRPLANE, ON, DATA, ROAMING, DATAROAMING
csig電話電波強度0~4
csiga電話電波強度単位:asu(0~31)、不明の場合99
csigd電話電波強度単位:dbm
operator接続回線事業者名
dtype回線種別LTE、WiMAXなど
dtypes回線規格3G、4G
wifi端末のWi-fi接続の状態DISABLED, ENABLED, CONNECTED
ssid接続しているアクセスポイントのSSID
wsigWi-fiの電波強度0~9
wrssiWi-fi電波の受信強度RSSI
wspeedWi-fi接続のリンク速度Mbps
ifname
ifip

ni : Notifications on Status Bar

rm : Resource Monitor

sh : Shell command

si : System info

tc : Text converter / テキスト整形

tc(タイプ, "テキスト")で記述。
tc(タイプ, 関数名(タイプ))で関数出力の整形も可能。

タイプ内容
lowすべて小文字にする
upすべて大文字にする
cap単語の頭文字を大文字にする2文字目以降はそのまま
cut指定文字数で切り捨てるtc(タイプ, テキスト, op1, op2)
例:$tc(cut, "123456789", 5)$(12345が出力)
op1に負の数を指定した場合、後ろからop1文字数分分が出力される
op2を指定した場合、先頭からop1文字数を切り捨て、そこからop2文字数分を出力
例:$tc(cut, "123456789", 2, 5)$(34567が出力)
ell指定文字数以下を省略する例:$tc(ell, "123456789", 5)$(12345...が出力)
utfUTFコード
lenテキストの文字数
n2w数字を文字に変換例:$tc(n2w, 31)$(Thirty Oneが出力)
ord
lpad桁合わせtc(lpad, テキスト, op1, op2)
op1桁で合わせop2を挿入する
例:$tc(lpad, 12, 5, 0)$(00012が出力)
空白詰めしたい場合は" "を指定
rpad桁合わせtc(rpad, テキスト, op1, op2)
op1桁で合わせop2を挿入する
例:$tc(lpad, 12, 5, 0)$(12000が出力)
空白詰めしたい場合は" "を指定
reg文字置換tc(reg, テキスト, "op1", "op2")
op1をop2に置換する
例:$tc(reg, "あいうえお", "お", "を")$("あいうえを"が出力)
htmlHTMLをプレーンテキストに変換
nfmt桁区切り例:$tc(nfmt, 123456789)$(123,456,789が出力)

tf : Format a time span

ts : Traffic Stats

tu : Timer Utilities / タイマー

指定時間ごとに出力。画像の自動変更などが可能。
時間は分で指定。秒指定の場合は1/2で30秒、1/4で15秒。

rndA~Bの間のランダム値を返す$tu(rnd, 時間, A, B)$
seqA~Bまで一定時間ごとに順次出力$tu(seq, 時間, A, B)$
rndimg一定時間ごとに指定フォルダ内の画像をランダム出力$tu(rndimg, 時間, "フォルダパス", "拡張子")$
拡張子指定しない場合は全画像ファイル対象
rndfile一定時間ごとに指定フォルダ内の指定ファイルタイプをランダム出力$tu(rndfile, 時間, "フォルダパス", "拡張子")$
拡張子指定しない場合は全ファイル対象

wf : Weather forecast info

wg : WGet, retrieve text, rss and other content from HTTP links

wi : Weather info